がん克服のジャマイカ女子陸上選手

アスリートの活躍は、いつもわたしたちの励みです。
今年8月の北京世界陸上で、ジャマイカ人や陸上ファンだけでなく、みなをコーフンさせたレースがこれ、女子400mX4リレー決勝!




USAとジャマイカで、先頭を奪い合ってのレース、
最後の30mでストライドを上げて、まさかのゴールド。
アリスン・フィリックスのマジカルな走りがすばらしく、
シェシッカ・ジャクソンの勝利のジャンプ(?)も印象的でした。

このレースのアンカーを走って、ゴールドに導いたジャマイカのランナーのこと、
世界的にどのくらい知られているかわからないけれど、
北京世界陸上が終わったいまも、ジャマイカではとても話題になっている陸上選手、
ノヴリン・ウィリアムズミルズ

日本語表記はノブレーン・ウィリアムズ=ミルズ
e0139395_2421139.png

写真左から
Novlene Williams-Mills, Stephanie McPherson, Christine Day and Shericka Jackson

2012年のロンドンオリンピックの数週間前に乳がんと診断され、
その後、手術を受け、病気のことは公にせず、今年も世界陸上で活躍した
勇気と決断のサヴァイヴァー、気品と謙遜のチャンピオン
いまも甲状腺炎をもつノヴリンですが、彼女を讃え応援する声が、ジャマイカでじわじわ広がっています。(^-^)/


インスタグラムやっています。
rico_reiko_nagase INSTAGRAM

[PR]
by ricoart | 2015-09-16 02:45 | ジャマイカ陸上 | Comments(0)

ジャマイカ在住画家Ricoこと長瀨玲子です。シンプル、ネイティブ、ハッピーなジャマイカのこと、作品やスケッチ、アート活動のほか、撮影コーディネーター業務、ジャマイカならではのヘルシー食、ジャマイカ陸上のことなど書いています。


by Rico Reiko Nagase
カレンダー