セントエリザベスへ、お葬式

彼の叔母さんのお葬式に、セントエリザベスへ。

アプルトンの近くにある、Shiloahという村のアングリカン(英国国教)の教会にて。

叔母さんは1924年生まれというから、97歳でしたね。107.png107.png107.png


e0139395_08034444.jpg


今年のジャマイカの夏むっちゃ暑くって、

わたしは涼しめの服を選んで着ていったけど、広くて高い天井の教会でも暑い熱い。

冷房のある教会ってないのかな。

親戚の人が行ってるキングストンの教会は冷房付きだそうだ。

その中で、喪主である息子さん(彼の従兄弟にあたる)のスピーチ(ユーロジー)がまじで長くて1時間くらいで、97年間ぶん話されるのかと思ったよ。106.png106.png

アングリカンなのでしっとり系。

このお洋服、暑いだろうなー。だって、服の上にこのガウン着ておられるんだよ。


e0139395_08061311.jpg

最近ほんとうに、口を開ければ暑い暑いと言っている。

それでもスコールがあって気持ちよかったこの日の午後。セントエリザベスの赤土の風景と、

お葬式のあとのジャマイカめしもおいしかった。


遠距離。

帰ったあとの

空虚感よ。142.png163.png




インスタグラムやっています。リコアートのミニギャラリーです。

Rico Reiko Nagase ウェブサイト

弊社ウェブサイト




[PR]
by ricoart | 2017-07-30 02:17 | ジャマイカ セントエリザベス | Comments(0)

ジャマイカ在住画家Ricoこと長瀨玲子です。シンプル、ネイティブ、ハッピーなジャマイカのこと、作品やスケッチ、アート活動のほか、撮影コーディネーター業務、ジャマイカならではのヘルシー食、ジャマイカ陸上のことなど書いています。


by Rico Reiko Nagase
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31