Jamaica Music Museum

インスティチュート・オヴ・ジャマイカでチケットを購入すると、別館のラスタファリ・ミュージアムには係の人が連れて行ってくれます。別館はインスティチュート・オヴ・ジャマイカ本館から徒歩2分くらい。
こちらがウォーターレーンにある別館の門。
e0139395_2359245.jpg

門横の壁画。
e0139395_23592428.jpg

別館の中に入って向かって右がジャマイカ・ミュージック・ミュージアム、左がラスタファリ・ミュージアム
今日は、このジャマイカ・ミュージック・ミュージアムをご紹介します。

入ってすぐ目に飛び込むのがこの、ジッポのふたを開けるとレコードがでてくるザ・ウェイラーズの「キャッチ・ア・ファイアー」アルバム・ジャケット!
e0139395_23594599.jpg

館内は、レゲエならではのカテゴライズで興味をひき、懐かしいアルバムジャケットのオンパレードで思いを馳せるだよ♪そして館員さんと意気投合。
e0139395_06117.jpg

わたしが行ったときは2回ともちがう方から説明を受けて、見た目レゲエっぽくないフツーの方で、でも話はディープで、ジャマイカの人ならどなたでも、このエクシビションには熱く語れるでしょうね。
こんなところがわたしにとっては、レゲエの魅力だったりします。レゲエにその土壌と文化、人ありき。Heart Beat of the People!

ジャケ絵の考察。
e0139395_063598.jpg


右上のブルーのアルバムが、わたしが最初に聴いたレゲエ「エチオピアへの道」です。
原題は「ジャーニー・トゥ・アディス」、原題もイイし邦題もウマイし、一度見て聴いたら忘れられないジャケ☆
e0139395_05727.jpg


そしていまもつづくレゲエ。
ああ、レゲエっていいですね(*^_^*)

ご注意!
ダウンタウンに位置し、ミュージアムはバス停から離れているので、初めて訪れる方、土地勘のない方にはタクシーをチャーターすることをおすすめします。

[PR]
Commented by skuna@docomo.ne.jp at 2014-07-07 17:39 x
実はブログが出来てからお気に入りに入れててチェックしてたんです。

こんな風に書き込むのは初めてだし、もしかしたら承認されないんじゃないかなぁって思ったんですけど…

実は家族のこと、とくに子供のこととか、別れた旦那のことで凄くつらい思いをしてた時に、色々ブログをさまよってたら、こちらのブログにたどり着いたんです。

いつの間にかこの素敵なブログの世界観に吸い込まれて、なんだか私自身が救われた気持ちになれたのは言うまでもありません。

こんな風に自分が正直になれたり、凄く感謝してる思いです。

勝手にこんなこと言われても困っちゃいますよね?ごめんなさい。。。

もっともっと知りたくなったっていうのもあって、私の直接の連絡を入れておきました。

こんなに素敵なブログの管理してるんだから、ご自身にも魅力があるんじゃないかって・・・勝手に思っちゃって、私の連絡のせておいたのはそれが理由なんです。(もし迷惑だったら削除して頂いても構いませんからね。)

ちょっと不安定な天気が続いちゃいますけど、風邪とか気を付けてくださいね。お身体ご自愛ください。
Commented by ricoart at 2014-07-09 11:38
Skunaさん
コメントありがとうございます、とっても嬉しいです!
わたしのブログをいつも見ていただいて感謝です。仕事やプライベートの都合でときどきぷっつり書かなくなったりしますが、そういうことがなるべくないよう、これからもつづけるのでよろしく☆
よろしかったら、ricoart☆gmail.com ☆を@に変えてメールをください。携帯メールアドレスだと着かないことが多いので、数日してもわたしからのメールがなかったら、PCメールからくださいね。これからもよろしくお願いします。Rico
by ricoart | 2014-07-07 00:16 | Reggae | Comments(2)

ジャマイカ在住画家Ricoこと長瀨玲子です。シンプル、ネイティブ、ハッピーなジャマイカのこと、作品やスケッチ、アート活動のほか、撮影コーディネーター業務、ジャマイカならではのヘルシー食、ジャマイカ陸上のことなど書いています。


by Rico Reiko Nagase
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31