ベジレス図鑑inジャメーカ

友人のマリアンナさんが自身のブログで

VeganJamaica と題して

ジャマイカ島中のベジレスをリストアップしてくれました。↓クリック。

Nana's Kitchen Vegan Jamaica


ほんとうに多いんです、ジャマイカのベジタリアン・レストラン。

とくにキングストン169.png

ベジレスはベジタリアンの人たちだけのものではありませんから、

ミータリアンでも何タリアンでも野菜をいっぱい食べたいときにいつでも気軽に行こう。

そういうわたしもベジタリアンではないし、なる予定もないし。104.png

ベジレスのことはついつい書きたくなっちゃうな。

以前は、ベジレスってどこ行っても同じようなメニューだったけど、

最近はベジレスと一言でいってもいろいろで、

アイタル系、ローフード系、クリエイティブ系、デリバリー・オンリー、完全予約制、などいろいろ。

このごろよく行っているのが、前に書いたアイリッシュタウンのBloom

それから、パピンにあるこのベジレス、↓ドクター・スパイスもおなじみ。


e0139395_09594116.jpg


パピンのスクエアから北に数百メートル行った崖っ淵に建っている

ラスタマンのアイタルフード。

味がしっかりしていて、他と比べて少し油っぽいかな。

労働者系ベジレス。156.png

野菜満載。


e0139395_09594971.jpg


小を頼んだのにこんなに大盛りにされて、

小という名の大だった。


ジャマイカは、ベジタリアンへの理解が高いのもマル。

一般のレストランでもベジタリアンのメニューがあるのも二重マル。

日本だと、肉食べないって言うと

「なんの宗教?」って聞かれたり、

レストランで「肉入ってない」ことを確認して注文したのに

サラダにベーコンの乾燥したのがかかってたり、ってそりゃないよねぇ。

日本も外国人ふえてきたから、

もちっとベジタリアンの認識ほしいよね。163.png




インスタグラムやっています。リコアートのミニギャラリーです。

Rico Reiko Nagase ウェブサイト

弊社ウェブサイト




[PR]
by ricoart | 2018-05-31 10:08 | 食いものコネタ | Comments(0)

ジャマイカ在住画家Ricoこと長瀨玲子です。シンプル、ネイティブ、ハッピーなジャマイカのこと、作品やスケッチ、アート活動のほか、撮影コーディネーター業務、ジャマイカならではのヘルシー食、ジャマイカ陸上のことなど書いています。


by Rico Reiko Nagase
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31