オールド・タバーンのコーヒー農園

しばらく行く機会のなかったコーヒー農園

オールド・タバーン・コーヒー・エステイトに行ってきました。101.png101.png


ジャマイカ観光省がブルーマウンテンを、食のツーリズムで推していることもあり、

最近はブルーマウンテンへの道もよくなってきていて

行ってみたら、そんなに遠くに感じられなかったです。

まあ遠いけどね109.png


オールド・タバーン・コーヒー・エステイトは、

家族農業経営にずっとこだわっている、トワイマン家のコーヒー農園

いまでは、名物だった、頑固コーヒーおじいさんはお亡くなりになり、おばあさんは引退されて

息子さん、デイヴィッドさんの代になっていて、

こだわりのコーヒーをつくりつづけている。


山の上のロッジ風ハウスから眺める風景。


e0139395_07471265.jpg

標高1200mくらいの高めの場所にあるこの農園でとれるコーヒーは、

涼しいためにゆっくり熟して風味豊かなコーヒーをつくるそう。

可能なかぎりをオーガニックで育てられるコーヒー

日本にも輸出しておらず、

なかなか買えない、と言われることもあって、

ここのコーヒーのファンは多い。

山の上のハウスで売っています。


e0139395_07474829.jpg

でも朗報!

オールド・タバーンのコーヒーは現在、キングストン市内の

おみやげ屋さん、クラフト・コテージや、

マナパークのキャノンボール・カフェで買えるそう。


コーヒー通のあなた、このコーヒー農園、行ってみたくなりましたね157.png157.png
e0139395_07473778.jpg

歩いてコーヒー農園を散策。↑


オマケ。
この木に萌えた171.png
やしの木とシダを合わせたようなこの木。

e0139395_07480399.jpg
ジャマイカのアンティークの絵によく描かれていて、
でもわたしはあんまり実物を見たことなくて、
この地にばっちし似合う風格のある木。172.png172.png




インスタグラムやっています。リコアートのミニギャラリーです。

Rico Reiko Nagase ウェブサイト

弊社ウェブサイト




[PR]
by ricoart | 2018-10-13 00:50 | ジャマイカ自然 | Comments(0)

ジャマイカ在住画家Ricoこと長瀨玲子です。シンプル、ネイティブ、ハッピーなジャマイカのこと、作品やスケッチ、アート活動のほか、撮影コーディネーター業務、ジャマイカならではのヘルシー食、ジャマイカ陸上のことなど書いています。


by Rico Reiko Nagase
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30